鮎友釣り釣行記録     
▲HOME
 5月   6月   7月   8月   9月   10月   11月 
[ 2016年版 ]  釣行回数:32回  平均釣果:42.4尾  総釣果:1,356尾  1日最高釣果:90尾  最長寸:26cm
SUMMARY(2016) SUMMARY(1999〜)  GRAPH  PRINT(PDF)

釣行河川: 小川(和歌山県) 釣行日: 2016年10月10日(月) 10:00〜16:00
釣行回数: 32回 釣果: 42尾 累計: 1,356尾 時速: 7.00(尾/時間)
天気: 晴時々曇 気温: 水温: 21℃ サイズ: 13cm〜17cm
河川状況: 濁無し
仕掛(竿): 銀影競技メガトルク早瀬抜90W
仕掛(糸): ナイロン0.175
仕掛(針): V5:6.5号3本錨,一角:7号4本錨,キメラ:6.5号4本錨
内 容:
前日の懇親会で教えて頂いたポイントへ行く。有田から2時間弱。今日も3人でポイントへ入る。先行者一人のようで見渡す限り見当たらない。オトリ缶はあるんだけど。
今日は一人オトリ1尾で開始。誰か掛かるだろうと安易な考え。全体的にポイントは広く何処を攻めるか迷うところ。瀬よりは波立ちの少ない平場で川底に変化の有るところを狙う。意外とやられてないポイントで時期的にも掛かりやすいと自分がそう思ってるだけなのだがここもそれが当てはまるかどうか。
その変化とは掘れ込み,馬の背,大きめの石が点在,薄黄色の石が集中している場所,茶褐色の場所等少しでも変化の所を見つけてオトリを泳がせる。泳がせるにもオバセの強弱をつけ泳ぐスピードも変化をつけてやると効果的。
川を3等分し真ん中を外し残りの手前の岸側か向こう岸側を狙うほうが良いのかなぁ。
午前中はやり方も荒かったのか8尾と良くない。
場所移動しても今日は釣りびとが多く入る場所もそう簡単では無いかもしれない。先行者の方は上流へいたのか下ってこられ昼頃には居なくなってしまった。
昼に一旦川を上がり堤防から眺めると岸よりでは掛かる様に思うんだけどなぁ。魚影が薄いのか?
再度じっくり攻めてみることにした。
水温も上がったこともあるのか掛かる様になってきた。
釣り方をちょっと変えてみた。自分が川岸から川原方向へ数m下がって釣りひとが立つ所を泳がせた。午前中とは比べられない程のペースで掛かった。ただ川原と川岸とを行ったり来たりで疲れる。
対岸のUさんも対岸の岸側を上飛ばしで掛けていた。
4時頃までやってUさん37尾,Sさん10尾。
今日もボウズハゼに邪魔された。



釣行河川: 古座川(和歌山県) 釣行日: 2016年10月09日(日) 12:00〜15:00
釣行回数: 31回 釣果: 12尾 累計: 1,314尾 時速: 4.00(尾/時間)
天気: 雨後曇 気温: 水温: 22℃ サイズ: 13cm〜17cm
河川状況: 濁無し
仕掛(竿): 銀影競技メガトルク早瀬抜90W
仕掛(糸): ナイロン0.175
仕掛(針): 一角:6号4本錨
内 容:
今日は有田若鮎倶楽部のオフ会延期の日だったが,前から中止が決定し懇親会は行う予定。
しかし何処かで釣りが出来るなら釣りをしてから夜懇親会ならもっと楽しいだろうと他のひともそう思ったに違いはないだろう。前日の有田川の状態なら行けると思い早朝に出かける。朝から雨でそれも強い。到着してみると雨は小雨だったが見ごりが出てる。中ちゃん一向も到着するも急遽戻らければならないことになり同行されてたUさんとお土産を置いて行ってしまった。
夜まで有田にいても退屈なのでその時点では日置川で竿が出せそうなので行ってみる。途中富田川は赤濁り。嫌な予感。森のおやどまで来ると釣りびとの車がずらりと並んでいた。川を見ると濁りが出て釣りができる状態でない。下流へ向かい口ヶ谷より下流は濁りがまだまし。最下流ではスイスイ。これからは濁って来るんだろう。日置川から高速に乗りすさみまで行き古座川へ。ここでは雨の影響は殆どなく濁りもない。昼頃から本流で竿を出すことができた。
まぁ今日は釣りが出来るだけで幸せといった感じ。寒くもなく風もなく3時までしかできないので一ヵ所での釣りになりそう。2ヵ所回っても釣りびとが入って自分等3人が入れそうな場所がなく3ヵ所めの天柱岩前では何とか入れそうなのでここに決定。思った所では中々掛からず苦労した。岸よりとへちで何とか掛かってくれた。Sさん2尾,Uさん14尾。ボウズハゼの猛襲に難儀していた。



釣行河川: 大塔川(和歌山県) 釣行日: 2016年10月02日(日) 07:40〜15:00
釣行回数: 30回 釣果: 63尾 累計: 1,302尾 時速: 8.59(尾/時間)
天気: 曇時々晴 気温: 水温: 19℃ サイズ: 12cm〜19cm
河川状況: 若干高水,濁無し
仕掛(竿): 銀影競技メガトルク早瀬抜90W
仕掛(糸): ナイロン0.175
仕掛(針): 一角:6号4本錨,キメラ:6.5号4本錨,閃:5.5号4本錨
内 容:
7時から朝食なので開始は40分。まずは宿の前の右岸側から。期待したほど掛からず5尾程。
本命の100m程下流の亀屋周辺。ここで掛からなかったら場所移動。ただ,そのあと何処に入るかは考えていない。
まずは右岸側を攻める。やはり掛かる。川の真ん中では白っぽいので手前か向こう岸。
左岸側の下では川を掘ってお湯に浸かってるのかビキニ姿に目がいってしまう。気が散ってしまうが右岸側を攻めきったこともあり左岸に渡り左岸側を攻める。この左岸側が一番掛かった。浅場のヘチをやるのは精神的に疲れるし,2時過ぎまでやって60尾近くになってきたところで上流の深場を攻めて黄色い鮎を3尾程掛けたところで納竿。
台風の影響次第で今度どうなるか?



釣行河川: 古座川(和歌山県) 釣行日: 2016年10月01日(土) 09:00〜17:00
釣行回数: 29回 釣果: 51尾 累計: 1,239尾 時速: 6.58(尾/時間)
天気: 曇時々晴 気温: 水温: 21℃ サイズ: 12cm〜20cm
河川状況: 若干高水,濁無し
仕掛(竿): 銀影競技MT形畧ト95SG,銀影競技メガトルク早瀬抜90W
仕掛(糸): ナイロン0.175
仕掛(針): V5:6.5号3本錨,一角:6号4本錨,キメラ:6.5号4本錨
内 容:
ここのところ雨続きで何処も釣り辛い状況。何処に行くのか前日まで予定が立てられない。
土日晴れの予報で期待して出かけようとしたが次々悪い予報へと変わってる。最近は悪い方向になるのが普通になってきた。
天気予報では日曜日のほうが良さそうなのでもしかしたら風伝おろし・丸山千枚田で雲海が期待出るかもとR169ルートでR42経由で下見をしようど通過してみた。寄り道をしたので古座川まではちょっと時間がかかるかな?
丸山千枚田を通過し北山川の竹筒まで来ると宮井までは道も良くなり快適に走れる。相変わらず十津川水系は濁りを出し続け北山川水系は濁りのない状態,宮井出会いから下は濁り状態。
赤木川との合流の熊野川本流で餌釣りで釣り人で賑わっていた。
南へ下ってR42に合流し古座川を目指す。無料の自動車道ができてかなりの時間短縮,宮井大橋からでも1時間20分程。
福ちゃんオトリ店でオトリを調達。なんと倶楽部のでんたさんらも来られていた。立会へ入川とのこと。
自分は洞尾へ入川。既に2人が瀬肩とその上に入っていた。やりたいと思っていたけど…,その下のチャラの瀬が広く空いていたのでそこに入ることにした。
川の真ん中は白そうだったので手前か向こう岸のヘチのどちらかである。水も高いし立ちこむのはきつそうだしやはり楽な手前の浅場狙い。開始後すぐにオトリを変えられ順調に掛かる。殆どが黄色い鮎。しかし全体的に16cm前後と小ぶり,塩焼きには最適なサイズ。
昼までに25尾。今の時期にしては暑すぎて倒れそうなほど。コーヒーでも飲んで休憩。
上の釣り人が居るのでまた同じ所を行ったり来たりしながらやる。掛かるペースもそんなに良くなく時間を過ごす。
3時頃に釣り人の空スペースの間隔が広くなったのでその間に入る。トロ場であるが掛かる雰囲気。
1尾掛かればその上流の淵の駆け上がりに行けば掛かる。その周辺で10尾ほど入れ掛かる。
上流にいた釣り人はきつい瀬に胸まで使って岸際を狙っているのか?自分には到底無理。
5時まで粘って50尾強。
明日は熊野の予定もあり川湯温泉の大村屋で泊まる。
夕食時に会った人の話で吉野で尺が出たという。掛けられた本人も居られた。その人らは北山に入ったが思った程掛からなかったらしい。明日は北山川と思っていたが大村屋のヒロ君が前の大塔川で追っている鮎も見られるとのことで温泉前でやってみることに決定。