鮎友釣り釣行記録     
▲HOME
 5月   6月   7月   8月   9月   10月   11月 
[ 2016年版 ]  釣行回数:32回  平均釣果:42.4尾  総釣果:1,356尾  1日最高釣果:90尾  最長寸:26cm
SUMMARY(2016) SUMMARY(1999〜)  GRAPH  PRINT(PDF)

釣行河川: 小川(和歌山県) 釣行日: 2016年10月10日(月) 10:00〜16:00
釣行回数: 32回 釣果: 42尾 累計: 1,356尾 時速: 7.00(尾/時間)
天気: 晴時々曇 気温: 水温: 21℃ サイズ: 13cm〜17cm
河川状況: 濁無し
仕掛(竿): 銀影競技メガトルク早瀬抜90W
仕掛(糸): ナイロン0.175
仕掛(針): V5:6.5号3本錨,一角:7号4本錨,キメラ:6.5号4本錨
内 容:
前日の懇親会で教えて頂いたポイントへ行く。有田から2時間弱。今日も3人でポイントへ入る。先行者一人のようで見渡す限り見当たらない。オトリ缶はあるんだけど。
今日は一人オトリ1尾で開始。誰か掛かるだろうと安易な考え。全体的にポイントは広く何処を攻めるか迷うところ。瀬よりは波立ちの少ない平場で川底に変化の有るところを狙う。意外とやられてないポイントで時期的にも掛かりやすいと自分がそう思ってるだけなのだがここもそれが当てはまるかどうか。
その変化とは掘れ込み,馬の背,大きめの石が点在,薄黄色の石が集中している場所,茶褐色の場所等少しでも変化の所を見つけてオトリを泳がせる。泳がせるにもオバセの強弱をつけ泳ぐスピードも変化をつけてやると効果的。
川を3等分し真ん中を外し残りの手前の岸側か向こう岸側を狙うほうが良いのかなぁ。
午前中はやり方も荒かったのか8尾と良くない。
場所移動しても今日は釣りびとが多く入る場所もそう簡単では無いかもしれない。先行者の方は上流へいたのか下ってこられ昼頃には居なくなってしまった。
昼に一旦川を上がり堤防から眺めると岸よりでは掛かる様に思うんだけどなぁ。魚影が薄いのか?
再度じっくり攻めてみることにした。
水温も上がったこともあるのか掛かる様になってきた。
釣り方をちょっと変えてみた。自分が川岸から川原方向へ数m下がって釣りひとが立つ所を泳がせた。午前中とは比べられない程のペースで掛かった。ただ川原と川岸とを行ったり来たりで疲れる。
対岸のUさんも対岸の岸側を上飛ばしで掛けていた。
4時頃までやってUさん37尾,Sさん10尾。
今日もボウズハゼに邪魔された。



釣行河川: 古座川(和歌山県) 釣行日: 2016年10月09日(日) 12:00〜15:00
釣行回数: 31回 釣果: 12尾 累計: 1,314尾 時速: 4.00(尾/時間)
天気: 雨後曇 気温: 水温: 22℃ サイズ: 13cm〜17cm
河川状況: 濁無し
仕掛(竿): 銀影競技メガトルク早瀬抜90W
仕掛(糸): ナイロン0.175
仕掛(針): 一角:6号4本錨
内 容:
今日は有田若鮎倶楽部のオフ会延期の日だったが,前から中止が決定し懇親会は行う予定。
しかし何処かで釣りが出来るなら釣りをしてから夜懇親会ならもっと楽しいだろうと他のひともそう思ったに違いはないだろう。前日の有田川の状態なら行けると思い早朝に出かける。朝から雨でそれも強い。到着してみると雨は小雨だったが見ごりが出てる。中ちゃん一向も到着するも急遽戻らければならないことになり同行されてたUさんとお土産を置いて行ってしまった。
夜まで有田にいても退屈なのでその時点では日置川で竿が出せそうなので行ってみる。途中富田川は赤濁り。嫌な予感。森のおやどまで来ると釣りびとの車がずらりと並んでいた。川を見ると濁りが出て釣りができる状態でない。下流へ向かい口ヶ谷より下流は濁りがまだまし。最下流ではスイスイ。これからは濁って来るんだろう。日置川から高速に乗りすさみまで行き古座川へ。ここでは雨の影響は殆どなく濁りもない。昼頃から本流で竿を出すことができた。
まぁ今日は釣りが出来るだけで幸せといった感じ。寒くもなく風もなく3時までしかできないので一ヵ所での釣りになりそう。2ヵ所回っても釣りびとが入って自分等3人が入れそうな場所がなく3ヵ所めの天柱岩前では何とか入れそうなのでここに決定。思った所では中々掛からず苦労した。岸よりとへちで何とか掛かってくれた。Sさん2尾,Uさん14尾。ボウズハゼの猛襲に難儀していた。



釣行河川: 大塔川(和歌山県) 釣行日: 2016年10月02日(日) 07:40〜15:00
釣行回数: 30回 釣果: 63尾 累計: 1,302尾 時速: 8.59(尾/時間)
天気: 曇時々晴 気温: 水温: 19℃ サイズ: 12cm〜19cm
河川状況: 若干高水,濁無し
仕掛(竿): 銀影競技メガトルク早瀬抜90W
仕掛(糸): ナイロン0.175
仕掛(針): 一角:6号4本錨,キメラ:6.5号4本錨,閃:5.5号4本錨
内 容:
7時から朝食なので開始は40分。まずは宿の前の右岸側から。期待したほど掛からず5尾程。
本命の100m程下流の亀屋周辺。ここで掛からなかったら場所移動。ただ,そのあと何処に入るかは考えていない。
まずは右岸側を攻める。やはり掛かる。川の真ん中では白っぽいので手前か向こう岸。
左岸側の下では川を掘ってお湯に浸かってるのかビキニ姿に目がいってしまう。気が散ってしまうが右岸側を攻めきったこともあり左岸に渡り左岸側を攻める。この左岸側が一番掛かった。浅場のヘチをやるのは精神的に疲れるし,2時過ぎまでやって60尾近くになってきたところで上流の深場を攻めて黄色い鮎を3尾程掛けたところで納竿。
台風の影響次第で今度どうなるか?



釣行河川: 古座川(和歌山県) 釣行日: 2016年10月01日(土) 09:00〜17:00
釣行回数: 29回 釣果: 51尾 累計: 1,239尾 時速: 6.58(尾/時間)
天気: 曇時々晴 気温: 水温: 21℃ サイズ: 12cm〜20cm
河川状況: 若干高水,濁無し
仕掛(竿): 銀影競技MT形畧ト95SG,銀影競技メガトルク早瀬抜90W
仕掛(糸): ナイロン0.175
仕掛(針): V5:6.5号3本錨,一角:6号4本錨,キメラ:6.5号4本錨
内 容:
ここのところ雨続きで何処も釣り辛い状況。何処に行くのか前日まで予定が立てられない。
土日晴れの予報で期待して出かけようとしたが次々悪い予報へと変わってる。最近は悪い方向になるのが普通になってきた。
天気予報では日曜日のほうが良さそうなのでもしかしたら風伝おろし・丸山千枚田で雲海が期待出るかもとR169ルートでR42経由で下見をしようど通過してみた。寄り道をしたので古座川まではちょっと時間がかかるかな?
丸山千枚田を通過し北山川の竹筒まで来ると宮井までは道も良くなり快適に走れる。相変わらず十津川水系は濁りを出し続け北山川水系は濁りのない状態,宮井出会いから下は濁り状態。
赤木川との合流の熊野川本流で餌釣りで釣り人で賑わっていた。
南へ下ってR42に合流し古座川を目指す。無料の自動車道ができてかなりの時間短縮,宮井大橋からでも1時間20分程。
福ちゃんオトリ店でオトリを調達。なんと倶楽部のでんたさんらも来られていた。立会へ入川とのこと。
自分は洞尾へ入川。既に2人が瀬肩とその上に入っていた。やりたいと思っていたけど…,その下のチャラの瀬が広く空いていたのでそこに入ることにした。
川の真ん中は白そうだったので手前か向こう岸のヘチのどちらかである。水も高いし立ちこむのはきつそうだしやはり楽な手前の浅場狙い。開始後すぐにオトリを変えられ順調に掛かる。殆どが黄色い鮎。しかし全体的に16cm前後と小ぶり,塩焼きには最適なサイズ。
昼までに25尾。今の時期にしては暑すぎて倒れそうなほど。コーヒーでも飲んで休憩。
上の釣り人が居るのでまた同じ所を行ったり来たりしながらやる。掛かるペースもそんなに良くなく時間を過ごす。
3時頃に釣り人の空スペースの間隔が広くなったのでその間に入る。トロ場であるが掛かる雰囲気。
1尾掛かればその上流の淵の駆け上がりに行けば掛かる。その周辺で10尾ほど入れ掛かる。
上流にいた釣り人はきつい瀬に胸まで使って岸際を狙っているのか?自分には到底無理。
5時まで粘って50尾強。
明日は熊野の予定もあり川湯温泉の大村屋で泊まる。
夕食時に会った人の話で吉野で尺が出たという。掛けられた本人も居られた。その人らは北山に入ったが思った程掛からなかったらしい。明日は北山川と思っていたが大村屋のヒロ君が前の大塔川で追っている鮎も見られるとのことで温泉前でやってみることに決定。



釣行河川: 四村川(和歌山県) 釣行日: 2016年09月11日(日) 07:40〜17:10
釣行回数: 28回 釣果: 41尾 累計: 1,188尾 時速: 4.56(尾/時間)
天気: 晴後曇 気温: 水温: 20℃ サイズ: 11cm〜22cm
河川状況: 濁無し
仕掛(竿): 銀影競技メガトルク早瀬抜90W
仕掛(糸): ナイロン0.175
仕掛(針): V5:6.5号3本錨,一角:6号4本錨,キメラ:6.5号4本錨,韋駄天:7号4本錨
内 容:
今度は下流のポイントへ行ってみる。先行者が瀬肩でやろうとしているところ。
自分はその瀬の20〜30m下流の平場でやる。最初3尾程度掛かるもエラ掛かりでオトリの循環が悪くなり続行が厳しくなってきたので下流に釣り下ったが1尾だけしか掛からず。やはり昨日はたまたま良かっただけ。
この場所は諦め昨日の所へ行ってみる。今度はさらに倍の距離まで歩いてみる。そこにたどり着いたのは10時頃。しかし掛かったのは2尾,さらに下流へ移動しながらやって良いところは10尾くらい掛かる。数か所でやりながら昨日のポイントまで来た。しかし数尾しか掛からず。深トロで10尾程掛かる。
最後は下の瀬まで位ながらやる。やはりヘチで掛かる。途中,掛かって上流に走った時に水中に沈んでいた木の枝がありその下を潜っていてどうしようもなく切れる。2尾が枝に引っかかっていたので取り込もうと行ってみてたがうまいこと逃げられた。
掛かり鮎オトリより大きかった。
帰り本流の流れを見るとちょっと緑がかっているように感じる。もしかしたらダムの放流が止まったか?



釣行河川: 四村川(和歌山県) 釣行日: 2016年09月10日(土) 07:15〜15:00
釣行回数: 27回 釣果: 52尾 累計: 1,147尾 時速: 6.71(尾/時間)
天気: 晴後曇 気温: 水温: 19℃ サイズ: 12cm〜22cm
河川状況: 濁り無し
仕掛(竿): 銀影競技メガトルク早瀬抜90W
仕掛(糸): ナイロン0.175
仕掛(針): V5:6.5号3本錨,一角:6号4本錨,キメラ:6.5号4本錨
内 容:
熊野川(十津川水系)本流がダムからの放流が続き未だ濁りが出続けている。何時まで出すのか?行く途中ダムをみると殆ど底を尽きそうな程になっているにも関わらず放流とは…。まぁこの前の大雨の際に泥出ししているのだろう。それにしても長期に渡る濁りは下流にとっては…。
今日は民宿大村屋の主催する鮎釣り大会。16時までに民宿に戻ることになっている。本流は竿出しできず支流での釣りとなる。
いつもの四村川へ行ってみる。釣り場で釣り客が瀬でやるとのことで自分はおよそ300m上流へ行ってみる。仕掛けをセットしようとしてたらタモが無い。忘れてきたのだ。また車まで戻らないといけない。考えるだけで疲れが,こういう日に限って… 時間のロス。
いつものチャラ瀬が水が増えた為条件としては良いように感じた。オトリを放ち数メール行った所でウロウロしてる間に掛かる。そこから嘘のように入れ掛かる。1時間10尾を超える程。前後ポイントを変えながら昼前には30尾程。少し下って深トロで10尾弱追加。もう少し下ってやってたら先程の方が来られ場所移動されるとの事。28尾程掛けたらしい。
ヘチを狙って3時頃までやって50尾強。
まさか優勝とは。まぁ,きっとポイントと若干の高水で条件が良かったのだろう。



釣行河川: ***** 釣行日: 2016年09月05日(月) 07:30〜14:30
釣行回数: 26回 釣果: 50尾 累計: 1,095尾 時速: 7.14(尾/時間)
天気: 晴後曇 気温: 水温: 19℃ サイズ: 12cm〜21cm
河川状況: 濁無し
仕掛(竿): 銀影競技スペシャル TYPE S 90
仕掛(糸): ナイロン0.175
仕掛(針): V5:6.5号3本錨,一角:6号4本錨,キメラ:6.5号4本錨
内 容:
朝起きてホテルから川を覗いたら昨夜の雨で濁っている。
しかし,昨日やった川はほんのわずかの濁りがある程度で全く問題ない。
昨日やっていない橋の上流側を攻めてみる。
オトリの選別がまずく泳ぎが悪く場所を変えていくもオトリが変わったのは30分後。どうも石の色をみると苔飛びの先入観がありポイントを見逃しそうになる。
黄色や茶色の石が集中するところを重点的に攻めてみた。
今日も天気が良く暑いくらい。水温も上がってきて昨日よりも石が黄色になってきたような感じを受ける。
10時頃で15尾。やはり昨日やった辺りの石の色が気になり行ってみる。
チャラ瀬で1時間15尾の入れ掛かり。さらに下流へ行ってみたが思った程掛からず。
午後から雨の予報もあり,2時半頃までやって50尾となったところで納竿。
新垢が付いた頃にも行ってみたくなったが予定が取れるかが・・・
来月からは禁漁。




釣行河川: ***** 釣行日: 2016年09月04日(日) 08:15〜17:30
釣行回数: 25回 釣果: 55尾 累計: 1,045尾 時速: 5.95(尾/時間)
天気: 晴後曇 気温: 水温: 19℃ サイズ: 13cm〜21cm
河川状況: 濁無し
仕掛(竿): 銀影競技スペシャル TYPE S 90
仕掛(糸): ナイロン0.175
仕掛(針): V5:6.5号3本錨,一角:7号4本錨,キメラ:6.5号4本錨
内 容:
倶楽部の2人と遠征に出かける。
当初計画していた時は釣果も期待できると考えていた。
しかし,台風の影響による大雨で苔は流れ99パーセント苔無の白川状態。
色は渓流の様な色で青っぽい。
グレイヘアさんらもオトリ店に来られておりちょっぴりお話してから出かける。
何時もの場所行ってみて何処で掛かるか探りの状態。
流れのある浅場が良いのかと思いやってみる。心配することなくそれなりに掛かった。鮎もちょっぴり痩せているが白くなくまだ若い。当たりや引きも前回の釣行時と変わらず。
ただ小石底やトロではまだ厳しいようだ。苔が飛んでいるのでという先入観は持たずにやったほうが良いみたい。
あと3,4日照り込みがあれば最高かもしれない。
これから産卵に備え苔を食まねばならないし,新苔が付けば追いがさらに活発になるだろうと推測。
この状況で50尾強とまずまずの釣果。



釣行河川: 熊野川(和歌山県) 釣行日: 2016年08月28日(日) 06:45〜17:40
釣行回数: 24回 釣果: 70尾 累計: 990尾 時速: 6.46(尾/時間)
天気: 雨時々晴 気温: 水温: 23℃ サイズ: 12cm〜21cm
河川状況: 濁無し
仕掛(竿): 巧匠アルトマイスター響畧ト95
仕掛(糸): ナイロン0.175
仕掛(針): V5:6.5号3本錨,一角:7号4本錨,キメラ:6.5号4本錨
内 容:
放流のみの河川は網入れもあり友釣りが厳しくなってきた。これからは天然遡上河川が対象になる。今週は1日だけとなるので年券のある熊野川に。
8月頃から掛かり出しお彼岸頃までは最盛期が続くので楽しみ。
谷口オトリ店に行ってみると昨日は釣り人が多かったらしい。
今日も多いのかな。7時前とあってまだ釣り人が見あたらない。前回の釣行時より水位が10cm程高い。これは釣りやすい。一発目は小さくオトリにはちょっと厳しいかなと思うようなサイズ。安曇川では十分使えるサイズ。
これで次にへチで掛かったのはもっと小さい。これは使えない。その次は少しましなサイズ。その後は循環できるようになってきて1時間8尾ペース。しかし釣り場が広いので何処で掛かるのか探りながらポイントを変えてみた。
大体傾向が見えてきてトロ場で川底がフラットの所か?掘れこんだ深場は厳しかった。掛かる鮎のサイズは良く黄色い。当たりは良く引きも良く最高。
掛かった鮎が曳舟に一杯になってきた。オトリ缶を浸けてある場所でやってる人がいるので行こうにも行けず。
53尾になりもうこれ以上はと思っていたところようやく場所移動してくれた。曳舟の鮎をオトリ缶に移せて身軽になれた。
釣り人は数人程度で午後4時には貸切状態。しかしちょっぴり寂しく感じた。
70尾までとやってたら5時半を過ぎてしまった。
日の暮れが早くなってきたものだ。台風10号の影響による雨が多くなければと。



釣行河川: ***** 釣行日: 2016年08月20日(土) 08:30〜17:30
釣行回数: 23回 釣果: 90尾 累計: 920尾 時速: 10.00(尾/時間)
天気: 晴時々曇 気温: 水温: 21℃ サイズ: 13cm〜20cm
河川状況: 濁無し
仕掛(竿): 銀影競技メガトルク早瀬抜90W
仕掛(糸): ナイロン0.175
仕掛(針): V5:6.5号3本錨,一角:6号4本錨,韋駄天:7号4本錨
内 容:
遠征3日目,本日はオトリだけを生かして残りは氷でしめて別河川でも行ってみようと昨日の場所行ってみると川が濁っていた。
オトリ缶が流されてないだろうかと不安。
着替え行ってみると無事だったが3〜4割死んでいた。
選別してオトリ店に行ってみる。
別河川では濁りは無いので最終日今年初めてこの河川で昨年良かったポイントへ行ってみる。前情報では今年は良くないとのこと。橋から石の状態を確認すると良くも無く悪くもなさそう。やってみるしかないと思う。
ポイントへ行ってみると昨年と比べるとあまり石の艶が無い様な?
しかし,心配は無用だった。浅場では思った以上に掛かる。しかし,上流でやっている同行者のほうが掛かるペースが良い。
掛かっても蹴られバレが多発。ペースが上がらず数も伸び悩む。
午前中3十数尾。下流へ場所移動。浅場のチャラ瀬で思わぬ入れ掛かり。
強烈な当たり掛かってからの引きはすごい。ここでも蹴られやバレで数が伸びない。針のタイプや針ハリスの長さも変えてもこれといった効果が得られず。
それでも90尾まで掛かるとは夢にも思わなかった。
トラブルが無ければ三桁になったかもしれない。次回行けたらこの対策を考えねば。
同行者は36尾。